LIVE LABO Inc.

僕らの試されごと。

「でも」を「だからこそ」に変える
Try Again 畠山さんの
ターニングポイント。

下へスクロール

走る事を通じて
子どもから、大人まで
誰かの一歩踏み出す瞬間を
後押しし続けている
ランニングクラブTryAgain
畠山正昭さん。

会社員として働きながら
過去の苦い経験を経て
一歩踏みだす誰かのチャレンジを
日々応援していらっしゃいます。

やるべきことはあるけれど
一歩踏み出そうとすると
うまくいかない想像が
足を引っ張ってしまうー。

誰にでも背中を押して欲しい瞬間があります。

そぉーっと、優しく背中を押してくれる
畠山さんの考え方から
ぜひヒントを見つけてみてください。
2018年7月19日にLIVE LABOで行われた
トークイベントの模様を全6回に分けて
お届けします。

畠山正昭さんプロフィール
第二回

今の自分にできることって?

畠山:

それじゃ、実際にどうやって行動するかってことなんですけど、まずオススメしたいのが「でも・・・・」からの脱却です。

「でも」が多くなるんです。誰もが必ず「あ、でも○○だから…」って言っちゃうんですね。あとは「でも」だけじゃなくて「やったことないから」「どうせ無理」「仕事で時間がないから」とか、行動できない理由探しをします。
やったことがないなら、どんな結果になるかは誰にも分からないんですよね。

経験がない、お金がない、人脈がない、時間がない・・・・

そんな時こそ「今の自分に出来ることはなんだろう?」と考えられることが重要です。

「でも」を「こそ」に変えるんです。

例えば「経験がないからこそ」に変えると、「今の自分に出来ることはなんだろう?」と考えられるようになると思うんです。ここがね、結構大事かなと思います。

トークイベント風景 @LIVE LABO

私が今まで付き合ってきた人の中で、「でも」が離れない人は、結構年配の方でした。昔の経験から離れようとしない人は、こういうのやりたいって言っても「無理無理」と否定の言葉ばかり言ってくるんです。

上司だけじゃなくても、友達、家族から否定的なことを言われたとしても、今できる事を考えてみてもらいたいと思います。

何をやるにしても、「でも、○○だから」っていう前に「〇〇だからこそ」に変えたら、自分にやれる事が見つかって来ます。

前向きに考えられる一つの方法として、参考にしてもらえてもいいですね。自分なりの方法も見つけてみてください。


(つづきます)