LIVE LABO Inc.

僕らの試されごと。

「でも」を「だからこそ」に変える
Try Again 畠山さんの
ターニングポイント。

下へスクロール

走る事を通じて
子どもから、大人まで
誰かの一歩踏み出す瞬間を
後押しし続けている
ランニングクラブTryAgain
畠山正昭さん。

会社員として働きながら
過去の苦い経験を経て
一歩踏みだす誰かのチャレンジを
日々応援していらっしゃいます。

やるべきことはあるけれど
一歩踏み出そうとすると
うまくいかない想像が
足を引っ張ってしまうー。

誰にでも背中を押して欲しい瞬間があります。

そぉーっと、優しく背中を押してくれる
畠山さんの考え方から
ぜひヒントを見つけてみてください。
2018年7月19日にLIVE LABOで行われた
トークイベントの模様を全6回に分けて
お届けします。

畠山正昭さんプロフィール

もくじ

レクチャー篇 第一回「なんでもやってみる」 第二回「今の自分にできることって?」 第二回「今の自分にできることって?」
対談篇 第四回「仕事ってなんだ?」 第五回「怒られたときは文字にする」 第六回「『でも』は『だからこそ』」
第一回

なんでもやってみる

畠山:

走ることについて、話す前に、今日は皆さんと挑戦することについてお話ししてみたいと思います。

「挑戦」を辞書で調べると、こんな風に書いてあるんですね。

・戦いに挑むこと
・世界チャンピオンに挑戦すること
・困難な物事や、新しい記録に立ち向かう事


世界記録に挑戦する、エベレストに登頂する……、挑戦って言うと凄いことをするって思いますよね。だから大変なことだと思うかもしれないですけど、実は「誰にでも出来る」っていうお話をしたいんです。

皆さん、最近なにか挑戦してますか? これ、大きな事でなくてもいいんです。小っちゃい事でもいいんです。

トークイベント風景 @LIVE LABO

挑戦するっていうのはですね、「やったことの無いことをやる新しい経験」です。
新しい事をしたら、新しい世界が見えてきますよね。新しい経験をするって事は「成長できる」ということなんです。
自分が成長出来るので、ぜひ色んな事を行動にうつしていって欲しいなあって思います。

新しい事を「面倒くさそうだなあ」って思うと、なかなか挑戦っていうものができないんです。

挑戦しないでいるのは、何にも変わらないっていう事なんですね。辛いことも変わらないんです。

だからどんな事でもいいんですよ。出来る事から楽しみながらやってみて欲しいですね。

その過程で笑顔が増えていくのも大切です。楽しみながら挑戦するのがいいんです。
じゃないと、嫌なことは頑張れませんから。


(つづきます)