L I V E L A B O I n c .

進路ってどうやって決めればいいんですか。

Scroll

入学や就職などの進路選択、
戸惑いや不安が大きいですよね。
ここではそんな「進路」に
前向きになれるような、
私たちLIVE LABOのコンテンツを
お届けしていきます。
まずはある日の
スタッフミーティングの様子から
お届けします。
このミーティングから派生する
取り組みも現在準備中です。
進路について悩みを持つ方に、
私たちがどんな風に
向き合っていくのかを、
不定期ではありますが、
お伝えできたらと思っています。
進路に悩むご本人さまも、
そのご家族の方にも、
考えるきっかけに
なれれば幸いです。

第1回
親であり、人であるから。

ー LIVE LABO・2018年8月の
スタッフミーティングより ー

2018-12-21 FRI

キクっちゃん

この前、息子の学校見学に行ってきたんですよ。
もうすぐ高校進学なんで。

社長

へぇー、そうゆう見学って今の時期なの?

キクっちゃん

はい、高校とか特別支援学校とかの見学会ですね。今は支援学校さんと、高校と両方見てるんです。

ソウさん

どんな感じなんですか?自分の子供の時のために、参考までに聞かせてください。

キクっちゃん

いや・・・ちょっと悩んでるんですよね・・・

マサヤさん

何で悩んでるの?

キクっちゃん

進路ってみんなどうやって選んでるのかなって。だって、自分が16〜18歳の時って自分が進みたい道って決まってましたか?

ソウさん

決まってないっすね(笑)

マサヤさん

決まってないね(笑)

社長

俺、今だに決まってないもん(笑)

キクっちゃん

それはそれで問題ですけど(笑)でも三者面談では、将来のこととかの話になるんですけど、そのほとんどが将来の就職のこととか、自立のこととかで、まぁつまり就職が決まりやすい所に行けたほうがいいっていう話になるわけですよ。でも自分のこと振り返ってみても、将来のことってどれほどイメージできてたんだろうって思うんですよね。本当は息子に自分で選んでもらえることが一番ですけど、将来のイメージなんてまだまだないから話すのも難しくって。

ソウさん

息子さんとどんな話するんですか?

キクっちゃん

例えば見学した中で「どんな高校に行く?」って聞くと、「〇〇ちゃんが行くって言ってたから、僕も〇〇学校に行く」とかって言うんですよ。ダメって訳じゃないんだけど、本当に将来のこととかどんな風に話せばいいかは迷いますよね。学校からは見学会にいっても、将来の自立や就職のことを考えるのを求められてる気がして、「迷う」って時間が少ないように思うんですよね。

社長

本人も何を基準にしなきゃならないのか、分からないだろうしね。でも学校さんにも都合があって、卒業迫ってくるし、未確定のまま卒業させるわけにもいかないだろうしね。

キクっちゃん

他の親御さんは「〇〇に決めたから、うちは安心」「〇〇にしといた方がいいよ」とか教えてくれるんですけど、見学会とかだけじゃ息子と一緒に確かめきれなくて、自分の仕事もあるから中々・・・。私みたいにシングルだとさらにキツイですね。息子にとっては大切な場面だし、親としてももちろん心配なんだけど、色々なことが確かめられない内に決めていかなきゃならないのが、どーにも・・・

盛さん

この前、息子さんとお母さんが卒業後の進路選択のために就労アセスメントについて相談にいらっしゃったんだけど、その子のお母さんも「18歳くらいの時って、私たちだって何がしたいか分からないのに、どうして障がいがあると、18歳の時点でどうやって働く事を決め切らなければならないんでしょう。だからと言って、やりたい事を見つけたり、チャレンジさせてあげられる自信もないですし。でももう少し迷ったり考えたりする機会は、親としてはあげたいですね」っておっしゃってました。

ソウさん

まさにLIVE LABO使ってみてもらいたいですね。

社長

ウチ(LIVE LABO)を利用するかは関係なく、なんか親御さんも進路ってどう悩むべきなのか、一緒に悩んでみる機会があっても面白そうだね。

マサヤさん

「確かめてみる」ってやっぱり大事ですよね。進路についての答えも一つじゃないけど、LIVE LABOが考える進路って、一緒に話が出来たらいい機会になるかもしれないですね。

社長

何やればいいんだろ。

ソウさん

体験会とか、相談会とかっすかね。

社長

親御さん向けの体験会とかいいかもしれない。

キクっちゃん

それって、普段のプログラムを親の人に体験してもらうって事ですか?

社長

うん。

ソウさん

おー、面白いっすね!色々お話も聞けるかもしれないし。

マサヤさん

普段、体験って受け入れてるけど、実際一番心配してる周りの人が、体験できたり、将来の進路先になるかもしれない所と、考え方を共有する事ができると、何か進路のキッカケになってもらえるかもしれないしね。

盛さん

でもやっぱり親御さんは不安ですよね。いい機会になるかも。

ソウさん

学校行けなくなってる人とか、卒業したんだけど上手くいかなかった人って、親御さんの方が困っていることも多いですしね。当然といえば、当然ですけど。

社長

学校の先生とかゲストで呼んでぶっちゃけトークするのも面白いかもね。

キクっちゃん

他の親御さんからも、福祉のこととか進路のこととか意外に情報がないっていう方が多いので、喜ばれるイベントになるかもしれないですね!