わたし、働きます。byウサギ(仮名)

LIVE LABO Inc. Scroll

「就職」という出来事は、
とても嬉しいことだけれど
応援する側の私たちは、
少しだけ寂しい気持ちになる
瞬間でもあります。
その理由は
会えなくなる寂しさも
あるけれど、就職に至るまでの
沢山の変化や、お互いの
苦労を思い出すからです。

「変われない」「自分にできない」と
思っていたけれど
勇気を持って一歩ずつ
変わることを選んだ彼らの姿には
毎日の私たちの背中も
押してくれるヒントが、
きっと隠されています。

今回の登場人物は
「ウサギ(仮名)さん」です。
彼女の就職までを振り返ってみました。
「今」に目を向け前進する彼女の連載を
是非ご覧ください。

「就職」という出来事は、とても嬉しいことだけれど
応援する側の私たちは、少しだけ寂しい気持ちになる
瞬間でもあります。その理由は会えなくなる寂しさも
あるけれど、就職に至るまでの沢山の変化や、
お互いの苦労を思い出すからです。

「変われない」「自分にできない」と思っていたけれど
勇気を持って一歩ずつ変わることを選んだ彼らの姿には
毎日の私たちの背中も押してくれるヒントが、
きっと隠されています。

今回の登場人物は「ウサギ(仮名)さん」です。
彼女の就職までを振り返ってみました。
「今」に目を向け前進する彼女の連載を
是非ご覧ください。

第1回「仕事から生き方へ」

改めまして、就職おめでとうございます。

ウサギ:

あっ、ありがとうございます。

(就職して)どれくらい経ちました?

ウサギ:

まだ1週間くらいですね。

週5で働いてるんだもんね、凄いよね。最初きたとき正直体力もなかったから、週5は難しいかと思ってたんだけど。

ウサギ:

そーでしたっけね。笑

大体LIVELABOを利用始めてからは6ヶ月くらい?

ウサギ:

そーですね、約半年くらい・・・ですね。

実際どうでしたか?LIVELABOでの半年間。

ウサギ:

いやぁー、右往左往しましたね 笑

そうですね、色々と迷いながら進んだ印象があるんですけど。

ウサギ:

迷いましたね。前の仕事をやめて3年経ってて。前職の業種(動物関係)に戻るか、どうするかっていうところからでしたね。

そうでしたよね。今回事務系のお仕事に進むことに決めましたね。経験のある業種に戻らないって決めたのはいつ?

ウサギ:

本当に最後の方ですね。結構迷いました。

どんなことを迷って、最終的に今の仕事に応募するのを決めたの?

ウサギ:

まずは生活の事ですね。ぶっちゃけると、実家暮らしですけど、前に働いていた時の貯金を切り崩して、自分の分は自分でまかなってたので、貯金がそろそろ尽きるぞっていう金銭的な焦り?っていうんですかね。これ以上ダラダラしてられないぞっていう気持ちですかね。

そっか、堅実な悩みだね。それは根本的に、就職に向かう動機としてデカイよね?笑笑

ウサギ:

大きいですよーーーーー!笑笑

他にも、動物の仕事につくか、他の仕事につくか金銭面だけじゃなく悩んでいたと思うんだけど。動物の仕事も見学に行きましたよね?

ウサギ:

いくつか行きましたね。

それで1番喰いついた仕事(動物の保護施設)もあったじゃない?

ウサギ:

はい。笑 ありましたね。

それはウサギさんにとっては、どうゆう仕事だった?

ウサギ:

うーん・・・メチャメチャ良かったんですよね本当に。自分の思い描くビジョンそのまんまだったんですよ。見学した先(動物の保護施設)は、私が最初に就職したところよりも、無駄な繁殖をさせないようなところで。動物を「売るじゃなくて、譲渡です。」みたいな。

そっか、本当に気に入った仕事だったんだね。でも何でチャレンジしなかったの?

ウサギ:

実際、体調の部分も大きかったですね。家にいてもまだ、体調が安定しない日もあるし。今のままじゃ、体力をすごく使う仕事は好きでも無理だなって思いました。

なるほど。しかし、無理だってさ自分で納得できたの?

ウサギ:

すごい悲しかったですよ。悲しかった。

動物のお仕事はやっぱり無理だって思ったのは、どのタイミングだったの?

ウサギ:

最後の最後まで、悩みましたね。

自分と向き合ってた時期がありましたよね。

ウサギ:

そうそう。その時まさに、どの道を選択するか、どーしようか。悩みましたね。それで、自分が生きていくことを考えて今の職場を選びました。

それって、すごいと思うんだよね。

ウサギ:

そうですか!?

だって、すごい頑固なこだわりがあったじゃん。

ウサギ:

「私はこれをやるんだ」って感じのですよね。私はその道しかないんだっていう。そうじゃないと自分はダメだくらいに思ってました。

そうだよね。今のやれない自分とか、力のない自分とか、それを自分で引き受けたのは勇気がいることで、凄いなと思いました。悲しいもん。だって高校生の時からペットの世界に行きたくて、勉強したりしてきたわけでしょ?

ウサギ:

そうですね・・・

それで今の自分を引き受けるというは、なぜ出来たと思う?

ウサギ:

悩みましたね。もちろんやりたい事は、ペットのことが大きかったけれど。体調の事も、生活の事も、どっちも自分のことだから、考えなきゃならないし。それに今でもペットは本業だと思ってますからね。笑笑

おー、おもしろ!「ペットは本業」ってどうゆう事?

ウサギ:

そうですね、ただ自分が研究して、ずっと関わっていきたいと思ってます。動物のことは何をしてても好きでいられるし。

あー、いいですね。生業というよりは、生き方にしたって感じですかね?

ウサギ:

そうですね 笑笑

(つづきます)