わたし、働きます。byウサギ(仮名)

LIVE LABO Inc. Scroll

「就職」という出来事は、
とても嬉しいことだけれど
応援する側の私たちは、
少しだけ寂しい気持ちになる
瞬間でもあります。
その理由は
会えなくなる寂しさも
あるけれど、就職に至るまでの
沢山の変化や、お互いの
苦労を思い出すからです。

「変われない」「自分にできない」と
思っていたけれど
勇気を持って一歩ずつ
変わることを選んだ彼らの姿には
毎日の私たちの背中も
押してくれるヒントが、
きっと隠されています。

今回の登場人物は
「ウサギ(仮名)さん」です。
彼女の就職までを振り返ってみました。
「今」に目を向け前進する彼女の連載を
是非ご覧ください。

「就職」という出来事は、とても嬉しいことだけれど
応援する側の私たちは、少しだけ寂しい気持ちになる
瞬間でもあります。その理由は会えなくなる寂しさも
あるけれど、就職に至るまでの沢山の変化や、
お互いの苦労を思い出すからです。

「変われない」「自分にできない」と思っていたけれど
勇気を持って一歩ずつ変わることを選んだ彼らの姿には
毎日の私たちの背中も押してくれるヒントが、
きっと隠されています。

今回の登場人物は「ウサギ(仮名)さん」です。
彼女の就職までを振り返ってみました。
「今」に目を向け前進する彼女の連載を
是非ご覧ください。

第3回「出来ないことを隠さない勇気」

でもさ、怖さはもう無いの?人にどう思われるかとかさ。

ウサギ:

ゼロでは無いですねぇ。だいぶ減りましたけど。

これからも、きっと誰かの評価ってあるじゃない。つまり人や社会が見つめてくる。それはどう考えてるの?

ウサギ:

もしかしたら・・・私のことを普通と比べて「変だ」とか「出来ない奴」って思う人はきっといると思うんだけど、その時はショックもあるかもしれないですけど。でも、私には出来ることをやるしかないので。気にはなるけど、頑張るんじゃないかと・・・。

あとは、どんな自分でも頑張っている自分を見てくれる人もいそうじゃない?

ウサギ:

そうですね。思い出してみると、自分にとって大きかったのは手帳(障がい者手帳)をとった時。これは皆、自分に対する目線が変わるんだろうっていう勝手な予感みたいなのもあったんですけど、よく考えたら、それからも別に何か変わったわけでもないんですよね。でも、きっとそうじゃない人もいたのかもしれないですけど。

これまでは、あまりそうゆう人の存在には目を向けないで生きてきたの?

ウサギ:

これまでは、世間から外れてて恥ずかしいって想いが自分にはあったから、全然そうゆうの目を向けないできました。

そこは、視点が変わったんだね。

ウサギ:

はい

じゃあ、今は出来ないことは隠さない?今は出来てる感じ?

ウサギ:

就職してからも、封筒に入れる書類を三つ折りにするのが苦手で、今までだったら絶対に言わなかったと思うんですけど、正直に言ったら「ものさし使ってやってみよう」って言ってくれて。それで、小さいことだけどホッとしたんですよね。

なるほど。じゃあ新しい職場は、世の中の常識と比べるんじゃなくて、ウサギさんを見てるんだ。

ウサギ:

一緒にやろうとしてくれるんですよね。

嬉しいね。でもウサギさんの勇気からだよね、「できません」って言ってみる。小さいことであれば、あるほど。だって相手がどんな反応してくるか分からないじゃん。

ウサギ:

「出来ません」って言ってみる勇気

すっごいデカイ勇気だよね。怖いよね。

ウサギ:

笑笑 怖い! 恥ずかしいし!

そうだよね。分かるわぁ。

じゃあ、そろそろ終わりなんですけど、これからどう生きていこうと思っていますか?

ウサギ:

これからも色々なことあると思うけど、自分の気持ちに素直に生きようと思います。

素直にっていうのは、自分で自分を大切にしないと出来ないもんね。

ウサギ:

楽に生きることでいいんだと思います。自分に素直にっていうか。良いところも悪いところも含めて自分だから。

意外に勇気もいるしね。素直に生きるのって。自分の出来ることを精一杯って、「今」を精一杯生きるっていう感覚に近いよね。中々出来るようで出来ないことだよね。

ウサギ:

社会とか、他の人と背くらべして生きてると、出来ないですよね。

これまで、それやってきたんじゃないの?笑笑

ウサギ:

はい。笑笑

これからもすんの?背くらべ。

ウサギ:

しません。私は。笑

あははははっ。しかし、どうでしたかLIVEALBOは。

ウサギ:

色々ありましたねぇ。笑

シンドイこともね。

ウサギ:

ありました。向き合うことが多いから。

でも、今の自分は好き?

ウサギ:

前よりは、全然良いと思います。

何よりです。また遊びに来てね。

ウサギ:

はい、ぜひぜひ。

(おわります)